生理中の脱毛

脱毛は様々な方法がありますが、基本的に生理中には無理な処理を避けた方が肌トラブルを避ける事が出来ます。VIOと呼ばれるデリケートゾーンは直接関係がある場所なだけに皮膚に傷がついたりすることで炎症を起こしやすい状態になります。感染症や毛嚢炎などを起こさないためにも生理期間が終わるまで待ちましょう。それ以外の離れた部位を脱毛する場合の注意点としては、生理中は女性ホルモンのバランスが乱れやすく、肌がいつも以上に過敏になっていることを留意しながら処理を行う必要があります。

 

抵抗力も弱まる傾向にあるので、ワックスを使用する場合は事前にパッチテストを行って確認するようにし、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の場合には施術者に相談して必要に応じてテストショットを実施してもらうと安全です。健康な肌の場合、生理中でも出血量の少ない後半などであれば肌が安定してくるので問題がないこともあります。ただレーザー脱毛などの電磁波による処理は肌の中にある毛根を熱ダメージで死滅させる方法をとっているため、ホルモンが不安定なときに施術をうけるとまれに効果がないこともあります。

 

またもうひとつの注意点としてワックスをはがす時や、レーザーやフラッシュの照射熱による痛みが通常より強く感じられる場合がある点です。さらにひどい場合には施術を受ける事で体が反応し、出血が途中で止まったりするようなショック症状がごくまれにあるため、普段から生理の周期や自分の体調を変化を観察しておくこともひとつの目安になります。脱毛をする場合でもいつもとは肌が違う事を自覚し、注意深く処理を進め、ダウンタイムも長めにとったうえで、沈静ケアは丁寧に行います。直後に紫外線を長時間浴びたりすると色素沈着を起こしやすくなるので、アフターケアには気を使い、暴飲暴食や長時間のお風呂を避けるなど静かう習慣にも気を配り肌に余計な負担をかけなように気を配る事も注意点のひとつです。