埋没毛を防ぐ方法

埋没毛の予防方法についてご説明します。埋没毛とは文字通り皮膚の内部に埋没した体毛のことで、これは体毛が肌表面に出てくる前に、肌がその出口をふさいでしまうことが原因です。たとえば体毛が生えてきたばかりで、まだ肌の表面に出ていない状態の時に、その部分の肌に怪我をしてしまったとします。

 

傷口は炎症を起こして腫れ、その腫れのために毛穴は押しつぶされたような状態になります。さらに傷口はやがて硬いかさぶたで覆われ、それにより毛穴は完全にふさがれてしまいます。かさぶたがはがれ落ちるまでには数日かかり、その間行き場を失った体毛は、肌の内部で成長して埋没毛になってしまいます。ですから埋没毛を防ぐためには、肌を炎症させないことが第一です。

 

怪我だけでなく、ニキビなどの肌荒れも炎症を引き起こすので気をつけなければなりません。そのためには、保湿などの肌の十分なケアが必要です。もちろんシェイバーの使用も、肌を傷つける可能性があるので注意が必要です。深剃りや逆剃りをしないようにすれば、肌にダメージを与えずにすみます。また、毛穴に汚れが詰まったり古い角質が毛穴をふさいだりすることもありますので、丁寧なクレンジングで汚れや古い角質を除去することも必要です。体毛の出口をしっかり作っておきさえすれば、埋没毛は防ぐことができるのです。